どうして育毛剤が効かないのか

育毛剤は昔からある商品です。最近では、育毛に関する研究が進み、さまざまな有効成分が発見されている為、商品自体の種類も増えています。
髪の毛が生えたり、増えたりして効果を実感している人がたくさんいらっしゃいますが、その一方であまり効果を感じなかったと悩まれている方もたくさんいらっしゃいます。
頭皮にトラブルを抱えていると、育毛剤の効果は薄れます。
ざるで水きりをする場合、網目が詰まっていると水は切れません。
頭皮も、毛穴が詰まっていれば育毛剤は毛根に働きません。
育毛剤に効果がないと感じる人は、多くが頭皮のトラブルを抱えています。
頭皮に炎症がある場合は、育毛剤を使用することで逆に悪化させてしまうこともあります。
育毛剤を使用したことで頭皮にかゆみや赤み、腫れ、痛みが表れた場合は、直ちに使用を中止し、炎症を抑える治療をしましょう。
ご自身での治療方法がわからなければ、皮膚科を受診し、医師から適切な方法を聞きましょう。
便利になった世の中には、インスタントフードやジャンクフードがすぐに手に入ります。手軽ではありますが、それらから必要な栄養素を摂取することはできません。
身体に栄養が不足すると、髪の毛は真っ先にその影響を受けます。
そうした食生活にも、頭皮環境を悪化させる原因があるのです。
詰まった毛穴に栄養素は運ばれませんし、血行の改善も見込まれません。
育毛剤を試す前に、まずは自分の頭皮の状態を知り、生活環境を改善してみましょう。
髪の毛には睡眠も重要な要素です。
髪の毛は睡眠中に成長するため、睡眠時間が短いと髪の毛が成長する時間も短くなります。

さらに、育毛剤が効果を表すのは時間がかかります。その多くが、半年から1年以上連続で使い続けた場合とされています。
どんなに即効性があると言われている育毛剤でも、1日2日で効果が出るわけではありません。
自身の生活環境の見直しと共に、育毛剤とも長く付き合っていく事で効き目が表れるでしょう。

オススメリンク

更新履歴


このページの先頭へ戻る